哀愁しんでれら
哀愁しんでれら
2021年早春全国公開
なぜその真面目な女性は、社会を震撼させる凶悪事件を起こしたのかー
幸せ?不幸せ?価値観が乱高下する!禁断の“裏”おとぎ話サスペンス開幕!

主人公・小春役は、NHK連続テレビ小説『まれ』でヒロインを務め一躍注目を浴び、以降数々の映画で主演を務めてきた土屋太鳳に決定!!天真爛漫なイメージの強い彼女が、次第に狂い出す運命に身を投じるシンデレラを演じる。
監督は、日本テレビ系列ドラマ「時をかける少女」(16)、映画『3月のライオン』(17)、『ビブリア古書堂の事件手帖』(18)などの脚本を務めた渡部亮平(わたなべりょうへい)。自主製作映画『かしこい狗は、吠えずに笑う』では、2012年「ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」をはじめ多くの映画賞を受賞するなど脚本家、監督としても高い評価を受けてきた。本作の企画は次世代のクリエイター発掘のためのコンペティションであるTSUTAYA CREATORS’ PROGRAMに出品され、2016年のグランプリを受賞。監督自身の完全オリジナル脚本で映画化される。
次世代の日本映画を担う新鋭監督×主演・土屋太鳳が贈る、禁断の“裏”おとぎ話サスペンスの幕が上がる!!

市役所に勤める小春は、幸せでも不幸せでもない平凡な毎日を送っていた。しかしある夜、祖父が倒れる→慌てて車で病院に向かうも父が飲酒運転で連行される→自宅が全焼→警察で事情聴取→頼りにしていた彼氏の浮気を目撃(しかも相手は自分の同僚)…一晩で怒涛の不幸にあい、すべてを失う。そこに現れたのが、8歳の娘・ヒカリを男手ひとつで育てる開業医の大悟。優しく、裕福な大悟は、まさに王子様のよう。彼のプロポーズを小春は受け入れ、不幸のどん底から一気に幸せの頂点へ。しかしその先には、想像もつかない毎日が待っていた――
監督: 渡部亮平 出演:土屋太鳳 他
TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2016 グランプリ受賞作品
©️2021 「哀愁しんでれら」製作委員会

配給:クロックワークス