PLAY! ~ 勝つとか負けるとかは、どーでもよくて ~
PLAY! ~ 勝つとか負けるとかは、どーでもよくて ~
2024年春 全国ロードショー
金髪・ピアスのビギナー男子奥平大兼×優等生でゲーム上級者鈴鹿央士今をときめく若手二大俳優がW主演!にわか結成のデコボコチームが全国高校eスポーツ大会に挑んでいく。実話にインスパイアされた、ログインから始まる青春ドラマ!映画『PLAY!~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』2024年春、公開決定!派手な外見とは裏腹に、弟想いの一面もある心優しい翔太を演じるのは、『MOTHER マザー』で長澤まさみ扮する母親・秋子の息子役で鮮烈なデビューを飾った奥平大兼。その年の日本アカデミー賞やブルーリボン賞など数々の映画賞で新人賞を総なめにしたことも記憶に新しい。クールな優等生、でもケガを理由にバスケットボールを断念せざるを得なかった達郎役には、映画初出演にして『蜜蜂と遠雷』のメンキャストに抜擢され、日本アカデミー賞、毎日映画コンクールなどの映画新人賞を多数獲得した鈴鹿央士。今年放送されたテレビドラマでも共に重要な役柄に配され、奥平が「最高の教師1年後、私は生徒に■された」(NTV)、鈴鹿が「18/40~ふたりなら夢も恋も~」(TBS)に出演。デビューから瞬く間に人気と実力を獲得し、話題作に続々と出演する若手俳優のフロントランナーである2人が本作のW主演を務めている。監督は、ロボットコンテストに挑戦する高専生を描いた『ロボコン』や、ボルダリングに夢中な女子高生を描いた『のぼる小寺さん』など、若者を主人公に据、数々の青春映画の傑作を世に送り出してきた名手・古厩智之。また本作の企画・プロデュースは、「サクラ大戦シリーズ」等を手掛け、ゲーム界のレジェンドと称される、広井王子。思いっきりやったら「勝つとか負けるとかは、どーでもよくて」。同じ学校に通いながらもオンラインでしか繋がっていなかった彼らがモニターを飛び出し、気付いたものとは―――果たして彼らは“リアルな青春を実装”できるのか!?古厩智之監督が奥平大兼、鈴鹿央士という若手有望株の二大俳優を得て、軽快で爽やかな、新時代を予感させる青春映画をここに誕生させた。






学校の壁に貼られた勧誘ポスターを見た翔太は興味を持ち、立候補。eスポーツ上位ランカーでこのポスターを作った張本人、1学年先輩の達郎に連絡する。1チーム3人編成の<ロケットリーグ>にエントリーしたい達郎は、クラスメートでたまたま席が近かったVチューバ―好きの亘を残り1枠にロックオン。なかば強引にYESを取り付ける。金髪にピアス、見た目はヤンチャのeスポーツビギナー翔太(奥平大兼)。ケガによってバスケットボールを諦めた失意の天才ゲーマー達郎(鈴鹿央士)。四六時中、ポテチ片手に動画やアニメに没頭する亘。そんな年齢もバックグラウンドも異なる、本来なら学校生活で交わることのなかった3人が、にわかチーム<アンダードッグス(かませ犬)>を結成して、全国大会に挑む。はじめは全く息の合わなかった彼らだったが、次第に競技に魅せられ、練習を重ねて、東京での決勝戦を目指していく.....。
主演:奥平大兼、鈴鹿央士
監督:古厩智之
脚本:櫻井剛
企画・プロデュース:広井王子
製作:サードウェーブ/ハピネットファントム・スタジオ
制作協力:吉本興業
制作プロダクション:ザフール
配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ
©2023映画『PLAY!~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』製作委員会